嫌いな人とは距離を置く!美容と健康、心地よく暮らすために

親戚、家族、恋人、友達、仕事関係、知り合い、赤の他人・・毎日顔を合わせる人から、その場限りの人まで・・

生きている限り誰かと関わることは避けられません。

01

苦手な人とのおつきあい、どうしていますか?

誰だって、苦手な人の一人や二人はいますよね!

私が苦手なのは、批評や文句ばかり言っている人と機嫌の悪い人

そういう人とは距離を置くようにしています。

人の悪口、うわさ話、愚痴、環境が悪い、配偶者が悪い、親が悪い、子供が悪い、友達が悪い、お店の料理がまずい、店員の対応が悪い、学校が悪い、先生が悪い、人の容姿や欠点を馬鹿にしたり偏見で人を見下したり・・文句を言ったり批評ばかりしている人。しょーもないことに注文を付けている人。何でも人のせいにしてる人!

別に人が何を言おうがしようが、考えようが、本人の自由ですが・・そういう人と一緒にいるとすごく疲れます。

そんなはた迷惑なことをしている暇があったら、手放すなり改善するなり、自分のやりたいことをすればいいのに、とモヤっとしていましたが・・

今ではそんなことを思うことすら時間がもったいない。

不愉快な人のせいで自分の気分を左右されるなんて、気持ちがもったいない!!

そう思います。

もちろん自分自身も、気付かないうちに誰かを傷つけたり、言ってはいけないことを言ったり、苦手と思われていることは必ずあると思います。

同じ態度や言動でも、受け取る側の精神状態や置かれた立場、性格によって、どう感じるかは様々です。

私たちが目にするのは、相手や物事の一部分だけなので、
何か事情があるのかもしれないし、たまたま心に余裕が無かったのかもしれません。
故意に誰かを傷つけてやろうなんて思っている人ばかりでないでしょう。

 自分のことで精いっぱいという人はたくさんいます。

自分自身がいつも心穏やかで100%完璧な対応ができる訳がないのと同じで、
人にだってその時々の事情があったり、育ってきた環境であったり、まだ未熟な部分だって必ずあります。

 

完璧な人なんていません。

大変さの度合いも痛みの感じ方も人それぞれ。尺度だって人それぞれ。
自分の価値観では理解できないことはたくさんあります。

そういうものだと割り切る。

割り切れなければ距離を置く。

 

不快な態度や言動をとられた時に、相手の良い面を見つけようとか、前向きに捉えようとか、
まずは自分から与えて歩み寄ろうとか、感謝しようとか、
じっくり話を聞いて、相手を理解しましょうとか許しましょうとか・・
そんな風に考え、対応できる人は立派ですが・・

いくら悪気がなくても、事情があっても、やっぱり人を傷つけるようなことをしたり、言ったり、文句や注文ばかりつけて不幸を伝染させるような人、一緒にいて不快な気持ちになる人には近寄りたくありません。

嫌いな人のために無理したり我慢したりする時間がもったいないです。

気の毒な人なのかもしれないけど、その影響を受ける方だって災難です。
中には人を見下しているような人、搾取しようとする人、利用する人だっています。

そういう相手の都合の良いようにふるまっていたら、ますます調子に乗って無理難題を押し付けられたり、無礼な態度を取られることだってあります。

相手のことを思いやって、我慢したり良かれと思ってやっていることが、どんどん自分の首を絞めることがあるのだと気づきました。

相手の方も「この人に対してならこのくらいのところまでやっても許される」というのを無意識に感じ取っています。

毎回真に受けて傷ついているなんて、バカバカしいと思いませんか?

その傷ついた心が、思い悩む時間が人生の無駄遣いです。

スルーできる強い心を持っているのなら放っておけばいい話。何の問題もありませんが、
傷ついたり、いつまでもモヤモヤと悩んでしまうのなら、

嫌いな人、嫌な気持ちになる人からは早く離れた方がいいです。

 

困った人、困った問題にどう対応するか、と考えることは大切ですが、
イライラを募らせたりモヤモヤと「悩む」時間、苦しんでいる時間、悲しんでいる時間って本当にもったいない。
体にもよくありません。

同じことをされても、傷つく人と傷つかない人がいます。

嫌いな人の言動や態度によって自分の心まで不幸にしてしまうなんて、もったいない!

他人なんてどうでもいい、なんてことは思っていません。
できるだけ人には優しく、寛容でありたいと思うし、あえて誰かを傷つけてやろうなんて思いもしません。

でも、自分も含めて、みんながいつも上機嫌でいられるわけはないし、
世の中には色んな事情を持った、色んな人がいます。

仕事が全然うまくいかない、家庭がうまくいかない、誰かと大喧嘩した、自分や家族が深刻な病気になった、大切な人が亡くなった、ストレスに押しつぶされそう、あまりに過酷な環境で生きてきた・・そんな時にニコニコ誰にでも優しく機嫌よくふるまうことなんてできません。

一見わからないけれど、言えない悩みを抱えている人、他人には分からないことがたくさんあります。

攻撃されたら傷ついて、不快な態度を取られたら不快な気持ちになって、悲しいニュースを見たら悲しい気持ちになって・・って、いちいちまわりの言動や行動に影響を受けて、一緒に苦しんでいたら身が持ちません。

ましてやそんな気持ちを抱えて、自分まで不幸な気もちになって、周りの大切な人たちを心配させたり、不快な気持ちを伝染させたくありません。

そういう人は相手にしない。
迷惑な人、不快な人とは距離を置く。

傷ついたり腹が立っているときに、許しましょうとか感謝しましょうとか相手のいいところを見つけましょうとか、不快な相手のために無理をしたって益々消耗するだけです。

事情も分からないのに悪気がある人とない人を見分けるなんてこともできません。
いい人に見えて悪い人もいるし、悪い人に見えていい人もいるし。

いい人悪い人の判断基準も
自分にとって都合がいいか悪いかだけの話
だったりします。

とにかく離れて放っておく。

自分は自分で、一緒にいて安心できる人、好きな人と過ごしたり、好きなことをやったり、心地よく暮らせるように環境を整えるだけ。
大切な時間も、エネルギーも、そういうことに使うべきです。

ひどいことを言われようと、されようと、どう対応するか、どう反応するかは自分で選べます。

自分とは合わないけれど、別の誰かにとっては温かく、愛されている人なのかもしれません。
人が経験してきたことやそこに至る思いなんて、他人がいくら考えたって全てを理解することはできません。

様々な選択肢の中から、誰もがその時の自分にとってベストだと思う選択をしながら生きています。
全てにおいて自分と同じ基準を持った人なんていないし、同じ心の状態の人もいないし、合わない人を理解しようとしたって疲れるだけです。

自分も、相手も、完璧ではありません。
人それぞれに得意なこと、苦手なこと、成長途中であったり、未熟な部分だってあります。
相性だってあります。

一緒にいて不快な気持ちになるのなら、一緒にいなければいいだけです。

そういうことする人もいるんだ、そういう考えの人もいるんだ、と思うだけ。
そしてスルーする。放っておく。

自分はあんな風にならないようにしようと反面教師にするなり、悔しさをパワーに変えることだってできるかもしれません。
心を鍛えるための、練習台だと思えばいいかもしれません。

とにかく、きちんと線引きをする。
気持ちを影響されないようにする。

『それはそれ、これはこれ』です。

可哀想だけど・・申し訳ないけど・・
頭にくるけれど・・何か事情があるのかもしれないけれど・・
悔しいけれど・・傷ついたけれど・・気持ちは分かるけれど・・
周りはこういうけれど・・世間的にはこうする事が正しいけれど・・

『それはそれ、これはこれ』
『人は人、自分は自分』

です。

事実と解釈、起こった出来事と自分の気持ちを分けて考える
相手と自分を分けて考える。
今、自分がどうするか、どうしたいのかということだけをシンプルに考える。
自分の中でできること、できないことの境界線をはっきりさせておく。

私ことを嫌いだったり、不快に思う人がいるのなら、離れていくのも、受け入れるのも、我慢するのも、どこまで許すのかも、悪口でも言ってストレス発散するのも、攻撃するのも、その人の勝手、自由です。それは相手が決めることです。

そして、それによって傷つくか傷つかないか、どう対応するかも私の勝手、私の自由です。

だいたい、自分が嫌だと思う人って、相手も自分のことを嫌ってるか、どうでもいい人だと思っていることが大半です。

不快な言動や態度を取られている時点で。

好意を持っている人には自分も好かれたいし力になりたいし、良い関係を築こうと努力するものです。
わざわざ傷つくようなことを言ったり、不快な態度を取ったりしません。

そういう人には近付かない方が身のため、お互いのため。
気にするだけ無駄です。

こちらがいくら心を痛めたり、我慢したり、悩んだり、眠れない日々を過ごしていても、相手は痛くもかゆくもありません。何の影響も受けません。

あなたのことをどうでもいいと思っているか、嫌っているか、自分のことで精一杯なんです。

相手が何を言おうと、しようと、心の中で平然としていればいい。どうでもいいと思っていればいい。

お互い様です。いちいち傷ついたり悲しんだりする必要ありません。
そう思えないのなら、逃げたっていい。
どうするかは、自分で決めればいい。

そういう人の影響を受けないように、速やかにその場を離れる!距離をおく。
嫌なことを言われても、いちいち真に受けない。不快な気持ちを引きずらない、離れる。
心のバリアを張って跳ね返す。

とにかく気にしないで、気持ちを切り替えて、応戦もしない、復讐もしない、スルーする。早く忘れちゃう!
どうやったら「上手に」距離を置けるかなんて、時間をかけてあれこれ頭を悩ませる必要ありません。
関わらないで、放っておけばいいだけです。

その人があなたに代わって人生を生きてくれるわけでもありません。
あなたが何を思うか、どう生きるか、これからの時間も、人生も、あなたのものです。

 苦手な人、迷惑な人の為に、1秒たりとも思考を使うのは、心を悩ませるのはもったいない!
考える時間も気に病む気持ちも、文句言う時間ももったいない!

大切な一分一秒が、1日が、苦手な他人のことをモヤモヤと考えて過ぎていってしまうなんて、人生が!もったいないです!
嫌なことを考えたり、思いだしたりすることって、ストレスそのものです!

ストレスや恐怖は、
睡眠を妨げたり、食欲を減退させたり、血圧や血行にも影響して、胃腸にも悪い!
ということは美容にも悪い?!
怒ればシワも増えちゃうし、眠れなければお肌は荒れちゃうし、どんなに優れた美容法も、健康法も、
怒りやストレスが押し寄せれば効果激減です!!老化も急激に加速します!!
どんどん体は蝕まれていきます。病気にだってなります。
迷惑な人のせいで、美しさを損なって、健康を損なって、寿命まで縮んでしまうかもしれない?!!

そんなの嫌じゃないですか―――(;´Д`)f
アホらしいじゃないですか!

相手はあなたのことでそんなに悩んでいません。
ぐーぐー寝てますよ。
楽しく生きてますよ。
そういう人ほど図太くて長生きしますよ?

もっと自分のやりたいこととか好きなこととか、人の役に立つこと、
大切な人のこと、楽しいことを考えていたいじゃないですか!

自分の為に、自分の周りの大切な人たちのために、不幸を連鎖させないで、できるだけ楽しい気持ちで機嫌よく、健康に、生きていきたいじゃないですか!!

ニコニコ、心穏やかに過ごしたいじゃないですか♪
もう不快な人なんて放っておいて、
楽しいことをどんどん考えよう!
やりたいことをどんどんやってみよう!


楽しみなことに時間と思考とエネルギーを使い、
好きなものや好きなことに囲まれた心地よい空間で過ごす!
好きなものを食べて
好きな服を着て、
好きなことをして、
好きな人のことを考えて、
やりたかったことに挑戦してみる!

嫌いな人のために頑張るんじゃなくて、大切な人や大好きなことのために、幸せになるために頑張る!
一緒にいて自分らしく、安らぎを感じられる人たちと過ごす!
一人で過ごす時間を大切にする。

不快な気分になる人、自分を傷つける人とは徹底的に距離を置く!
職場や、身内、友人関係・・たとえ毎日顔を合わせないといけない人だったとしても、
最低限の接触、最低限の対応にとどめて、極力近付かない。

行動パターンを変えて顔を合わせなくて済むようにする。
さらっと逃げる、誘いを断る、その場を離れる。何か言われてもさらっと受け流す。
心のシャッターを下ろしておく。平然としておく。一刻も早く立ち去る!

ちょっと用事が・・、やることがあった!、急いでいる、何かを思いだした!ごめんなさい、お疲れ様!また今度!とか。
別に相手が納得するようなちゃんとした言い訳なんてわざわざ考えなくていいし言わなくていいんですよ。
嫌いな人に好かれる必要ないですから。

逆恨みされないように、作り笑顔でも演技でもなんでもいいから感じよく対応して逃げちゃってもOK。
相手に好かれようとかいい人と思われるために無理して我慢して自分を押し殺すんじゃなくて、自分が気持ちよく過ごすために、感じよく対応するんです。

どうにかして距離を置きましょう。

そして楽しいことを考えよう♪好きな人と過ごそう♪やりたいことをやろう♪
幸せになるために、時間を使おう!

心を痛めて、美しさを損なって、寿命を縮めてまで、良く思われたり、付き合いを続ける必要なんてありません。

自分の人生なんですから、誰と過ごすかは自分が決めればいいことです。

 自分の心を守れるのは自分だけ。
「それだけで精一杯!」だっていい。

誰かの態度によって傷ついてしまったり、些細なことで落ち込んでしまったり・・

まだ心の強さが発展途上にある人は、
正そうとしたり分かりあおうと頑張ったり、無理をしなくていい!

自分の心も、体も、時間も、人生も!嫌な人のためにあるものではありません。
大切に、有効に、使いましょう♪

人それぞれ、生き方やものごとの捉え方には色々あります。
誰からも、何からも、逃げないで向き合って、強くなっていく人も、立派です。
我慢して耐え忍ぶのも強さかもしれません。
ストレスを上手に転換してステップアップしていける人もいます。でも、いくら本を読んだって、ためになる話を聞いたって、こういう風に考えたほうがいいって分かっていたって、
どんなに前向きになろうと頑張っても、切り替えができなかったり押しつぶされて病気や死に至る人だっています。

逃げたい人は逃げていい。
その時の自分がやりたいようにやればいい。

死ぬ気で頑張れとか、逃げるなとか、立ち向かえとか、心を開けば分かり合えるとか、人によって言うことも様々です。
諦めないで頑張ったからうまくいった、逆に、逃げたこと手放したことで人生が好転した・・などなど、
誰しも自分の経験や正義感に基づいて色んなことを言っているだけです。
所詮あなたの心の中を知らない他人が言うことです。
いくら身内や親しい友人、カウンセラーや相談相手、どんな成功者や著名人が言うことであっても、それが100%全員にあてまるなんてことはありません。
経験だって、能力だって、体力だって、容姿だって、性格だって、育った環境だって、好みだって、皆違います。
できることもできないことも、経験した人にしか分からないことも沢山あります。
統計データに基づいて学者が唱えている「良い方法」にだって、少数派が必ずいます。
そうした方がいいって頭で分かっていても、思うようにできないことだってたくさんあります。

経験、成長、心の変化にも、人それぞれのペースとタイミングがあります。
「何が正しいのか」の基準なんて人それぞれ、その時々、です。

何を言われたか、何をされたか、人にどう思われるか、ではなく、

結局は、自分がどうするかです。

 

自分の人生は自分にしか生きられません。どう生きるかは自分次第です。
今、幸せの絶頂でも、不幸のどん底でも、病気でも、健康でも、明日どうなるかなんてわかりません。
誰だって一分一秒、確実に死に向かっています。

明日どうなるかもわからないのに、人生の一部分にだけ執着しても意味がありません。

限りある人生、不快な人のことで頭をいっぱいにして苦しんでいるよりも、もっともっと、やりたいこと、やるべきことは沢山あるのではないでしょうか。

これから長生きするにしても、明日突然死んだとしても・・
幸せな気持ちで過ごす時間は長い方がいい‼️

嫌いな人とは距離を置くというお話でした。
この記事を読んだ方にオススメの記事はこちら

おすすめ本はこちら


お花の作り方、飾り方をご紹介

ハンドメイドやお花、物作りがお好きな方へ。お花作りに役立つ情報をまとめたDIYサイトを運営中です。
↓Concerto DIYはこちらをクリック↓
造花・アーティフィシャルフラワー のオンライン動画通信レッスン作品

関連記事一覧